薬は市販よりも個人輸入が断然安いのは何故?

医薬品は健康に直接の影響を与える商品ということで、日本国内で販売するには厚生労働省から認可を受けなければならないと定められています。
クリニックで処方されるものも、市販されるものも基本的には変わりありません。
しかし今では市販薬と同じ成分を含む製品が、ネット通販で簡単に購入できる時代になっています。
しかも値段はずっと安いことが少なくありません。

個人輸入を利用する女性ネット通販の医薬品が安いのは、個人輸入の仕組みを利用していることが一因となっています。
日本では認可を受けていない製品でも、自分で使用するためなら、海外から輸入することが認められています。
ただし本人以外が使用したり、転売したりすることはできません。
日本で認可されていなくても、海外では安全性について十分に検証が終わった市販薬であり、決して怪しい製品ではありません。

個人輸入を利用すると、なぜ安い価格で購入できるのでしょうか。
まず海外では製造コストが安いことが理由のひとつに挙げられます。
人件費や地代や製造設備のコストが安いのに加えて、特許料を支払わなくてよい場合も多いのが特徴です。
これは日本と外国の法制度の違いによるものです。
新薬の開発には膨大なコストがかかり、それは市販薬の価格に特許料として転嫁されます。
特許料のかからない製品を個人輸入することで、日本で正規に販売されているよりも安い値段で手に入るわけです。

またネット通販では、実店舗を開店し運営するコストがかからないことも理由のひとつです。
いまや多種多様な商品がネット上で簡単に取り引きされる時代ですが、医薬品も例外ではありません。
店舗がなければ土地・建物の費用をはじめ、人件費や光熱費などのランニングコストもかかりません。
一部の製品は薬剤師による対面販売が義務づけられていますが、そうした製品でも個人輸入であれば比較的簡単に購入できるため、いざというときの用意として常備薬を買い求める方が数多くいます。

医薬品はいまやネットで簡単に手に入る時代

花粉症は日本人の国民病とも言われる時代で、アレルギーのある方は流行する季節になる前に、あらかじめ薬を用意をしておく必要があります。
個人輸入代行のネット通販ショップには、花粉症の常備薬もさまざまな種類が用意されています。
一般に花粉症の常備薬は、効き目の高いものほど眠気などの副作用も強いと言われていますが、最近では副作用の少ない製品も次々に開発されています。

花粉症だけでなく、根治が難しいヘルペスなども、病気を抑えるために薬を用意をしておかなければなりません。
こうした場合に市販薬を常備するのは経済的な負担が大きく、いちいち医療機関に通うのも面倒です。
個人輸入の通販を利用すれば、費用の負担を大幅に軽減できるだけでなく、病院に通う必要がないので自宅で簡単に手に入ることもメリットです。

このほか他人に知られるのは恥ずかしい性感染症や勃起不全、男性型脱毛症なども、ネット通販で治療できる時代になっています。
商品の内容が表示されることはありませんし、局留め郵便などで受け取ることも可能なので、誰にも知られる心配がありません。
これらの製品は一般に値段が高いというデメリットがありますが、安価で入手できる個人輸入なら、少ない負担で常備することができます。

もちろん医薬品には副作用の恐れもあるため、利用は自己責任で行う必要があります。
ネット通販の普及は時代の流れとはいえ、信頼できるショップを選ぶことは、どんな製品にも共通しています。
花粉症をはじめ、さまざまな病気に対して万全の用意をするためには、商品管理のきっちりしたショップから購入することが大切です。
それさえ守れば、市販薬より簡単・便利で安価な医薬品を常備できるでしょう。