流行前に知っておきたい花粉症対策

毎年シーズンになると悩まされることが多いのが日本の国民病ともいえる「花粉症」です。
病気の状態に個人差はありますが、酷い場合は生活に支障が出てしまうようなケースもあり、軽視はできません。
また去年までは平気だったのに、今年から発症してしまったなど、いきなり悩まされ苦しめられる場合などもあります。

このような場合は自分でできる範囲の生活習慣の改善や対策から始めてみることをおすすめします。
外出先ではマスクや専用メガネの着用、うがいなどを行うことで花粉症が緩和される場合もあります。
悩まされる人も多い為か、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどには、シーズンになると花粉対策アイテムがたくさん並びます。
このようなアイテムを上手に使用することで日常的に対策を行うこともできます。

花粉症にかかってしまった場合、意外と見落とされがちなのが、外出から帰宅時に花粉を家に持ち込みやすいことです。
着用している服に花粉が付着していることが多く、無意識のうちに部屋へと持ち込み、その部屋で過ごす時間が長いほど花粉を大量に吸引してしまい、花粉症を発症してしまうことにつながってしまいます。
着用している服の素材によって花粉の付着率も変化しますが、フリースのような服地は静電気などが発生しやすく最も花粉が外出先で付着しやすいといわれています。

花粉症を引き起こしやすい服地の服をすべて買い換えるのも方法のひとつですが、最も簡単な対策のひとつは玄関先で服をよく叩いて花粉を落としてから入室することです。
こうすることで外出先で付着した大量の花粉が入り込むのを防ぐことができます。

また室内に空気清浄機などを置くことでも、室内の花粉を減らすことが可能です。
病院に通院して処方箋をもらったり処置などを出してもらう以外、自主的に生活習慣の見直しなどの対策を行うことで病気の緩和につながるといわれています。
室内への花粉の侵入を防ぐ意外にも、特に有効な方法は、「食生活」「適度な運動」「質の良い睡眠」などのストレス対策や生活習慣を整えることだともいわれています。

生活習慣を整えることも花粉症には効果的

生活習慣を改善させる方法はいくつかのポイントがあります。
食生活の改善には、まず自分が普段何を口にしているかを把握する必要があります。
極端な栄養の偏りや刺激物・ジャンクフードばかりといった栄養バランスを無視した食生活は、花粉症だけでなく不健康や免疫力低下にもつながってしまいます。
いくら体のためとはいえ、ストレスがかかってしまうほど無理な食生活は意味がありませんが、好きなものだけを食べ続けるといったことも良いとはいえません。
バランスよく、暴飲暴食をさけた食生活を選ぶようにします。
胃腸に負担をかけると免疫力低下にもつながるので注意が必要です。

質のよい睡眠はすべての健康に通じるともいわれています。
近年、現代人は多忙なうえ、テレビ・スマートフォン・パソコンといった睡眠の妨げになる中毒性のある娯楽が豊富です。
デジタル機器の光が目から入ることで脳が刺激を受けて、質のよい睡眠を妨げてしまいます。
結果、睡眠不足や脳の疲れから、疲労の蓄積・免疫力の低下により、様々な病気の発症する確立をあげることになってしまいます。

また現代人に不足しがちな適度な運動も必須です。
本格的な運動でなくても、寝る前や寝起きのストレッチや軽いウォーキング、外出するのに抵抗がある場合は室内でのヨガや体操などを行うことが良いとされています。
勤務中に階段を使用したり、ひと駅手前で降りて通勤するなども有効な方法です。
運動に慣れていない人が気負って行うと、体に思わぬ負荷がかかってしまい、逆に免疫力を下げてしまうこともありますので、自分の体調とよく相談して行うことが重要になります。
このように自分でできる簡単な運動や免疫力のアップなど生活習慣の改善を行うことで、より緩和される近道を作りことができます。