抗ヒスタミン薬には点眼薬や点鼻薬もある

春や秋は花粉が飛びやすい季節になりますので、あらゆるアレルギー症状が発症しやすくなるものです。
そんなときにはアレルギー内科や皮膚科などでは抗ヒスタミン薬が処方されることも多く、服用したことがある方も多いことでしょう。
あらゆるアレルギー症状を緩和してくれる内服薬は処方箋がなくても薬局などでも普通に購入することが可能です。

アレルギー症状の中には目が痒くなる、目ヤニが出るといった目の症状もあれば、鼻水が出る、鼻づまりが起きるといった目の症状も発症します。
そういったときには、内服薬よりも患部に直接塗ることができる点眼薬や点鼻薬がおすすめです。
点眼薬や点鼻薬にもいろいろな種類のものがありますが、アレルギー症状にうってつけなのはやはり抗ヒスタミン薬です。
用法用量を守って使用することで、症状を軽く抑えることが可能です。

内服薬では薬が効き始めるまでしばらく時間がかかってしまうものですが、抗ヒスタミン薬配合の点眼薬や点鼻薬の場合は比較的すぐに効能を実感することができるのが魅力的です。
内服薬と併用することによって、より早く複合的に治療をしていくことができるようになります。

アレルギー症状は出来るだけ早めに予防、治療をしていくことが症状を重症化させないためのポイントです。
症状が重くなってしまうとアレルギー性結膜炎を引き起こしてしまうことがあります。
アレルギー性結膜炎は特にコンタクトレンズを使用している方に多く発症しやすく、目ヤニやかゆみ、炎症などの症状があらわれます。
アレルギー性結膜炎を治療していくためには、抗ヒスタミン薬が配合されている点眼薬が処方されるのが一般的です。

鼻水や鼻づまりも同様で、酷くなると普段の生活にも支障があらわれることがあります。
夜も眠れなくなってしまったり、思考力が落ちてしまったりしまいますので、早めの治療が大切です。
また点鼻薬に限りませんが、用法用量を守らないと、副作用を引き起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

症状によって薬の使い分けが必要な理由とは

抗ヒスタミン薬にもいろいろなものがありますが、それぞれうまく使い分けることが大切です。
まず点眼薬の場合、症状がアレルギーによるものかどうか見極める必要があります。
特に普段コンタクトレンズを使用している方の場合、コンタクトレンズの汚れが諸症状を引き起こしていることもあります。
そういうときにアレルギー性結膜炎用の点眼薬を使用しても意味がありません。
自己判断ではなく、医師の診察を受けることも大切です。

また点眼薬には抗アレルギー剤使用タイプ、抗ヒスタミン剤使用タイプ、両方使用タイプなどがあります。
初期症状であれば抗アレルギー剤使用タイプでも十分症状を緩和させることが出来ます。
最近はコンタクトレンズを付けたままでも使用できるタイプのものも多いので、コンタクトレンズ使用者の方でも安心して利用することが出来ます。
アレルギー性結膜炎になると、抗ヒスタミン剤使用タイプがおすすめです。

点鼻薬の場合、血管収縮薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬に分けられます。
血管収縮薬の場合鼻の腫れをとり、鼻づまりの緩和に効きますが用法用量を守らないと効き目が薄くなるだけでなく、かえって症状を悪化させてしまうことがあるので、必ず用法用量を守って使用するようにしましょう。

ステロイド配合の点鼻薬は早く効く上に、炎症を緩和してくれるため、ひどい症状の時だけ使用するようにしましょう。
こういった鼻の症状の場合、内服薬と併用することがほとんどです。
内服薬には眠気や痙攣といった副作用があらわれることもあります。
用法用量をしっかりと守ることはもちろん、他にも服用している薬がある方の場合、飲み合わせなど、かかりつけの医師や薬剤師に相談して使用するようにしましょう。