アレグラ以外の抗ヒスタミン薬とは

アレグラは人の体内でヒスタミンという物質の作用を抑制する抗ヒスタミン薬という種類の薬です。
ヒスタミンはアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみといったアレルギー反応の誘発過程において最も重要な働きを担っている物質の1つです。
つまり、アレグラなどの抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑制することでアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみを改善する効果が期待できる薬なのです。

抗ヒスタミン薬は数多く存在しますが、アレグラはその中でも最も日本で使用されている薬の1つです。
アレグラが広く使用される理由の1つとして、副作用が最も起こりにくい抗ヒスタミン薬であることが挙げられます。
特に初期段階に開発された第一世代抗ヒスタミン薬の場合は眠気、めまい、口渇、緑内障や前立腺肥大症に伴う排尿障害の悪化といった副作用が問題となっていました。
しかし、アレグラはこういった抗ヒスタミン薬の副作用の欠点を解消した薬と言えます。

まず、口渇、緑内障や前立腺肥大症に伴う排尿障害の悪化は第一世代抗ヒスタミン薬の持つ抗コリン作用という作用に基づくものです。
アレグラはこの抗コリン作用が起こりにくくなっている薬です。

また、眠気やめまいは脳内で抗ヒスタミン作用が発揮されることによって起こる副作用です。
脳内でヒスタミンは覚醒状態の維持に重要な役割を果たしているので、脳内で抗ヒスタミン作用が発揮されると眠気が起こります。
また、抗ヒスタミン作用によって血流量が減少します。
脳内で抗ヒスタミン作用が発揮されると脳内の血流量が減少して、これがめまいを引き起こします。

このようにアレグラは抗ヒスタミン薬の中で副作用が出にくい使い勝手のいい薬です。
ただ、アレグラばかりが使用されるわけではなく、その人の体調やバックグラウンドに合わせてアレグラ以外の薬が使用されることもあります。
それでは、アレグラ以外の抗ヒスタミン薬には効果や副作用の面でどういった特徴があるのでしょうか。
ここでは第二世代抗ヒスタミン薬に分類されるジルテックやザイザルの効果や副作用の特徴について紹介します。

ジルテックやザイザルの効き目と副作用について

まず、ジルテックに関してですが、ジルテックはアレグラよりも早い段階で開発された第二世代抗ヒスタミン薬です。
ジルテックを効果の面からみてみると、比較的効果は強い薬と言えます。
アレグラよりもジルテックの方が効果が強い傾向にあります。

ただ、副作用の面ではジルテックにはデメリットが存在します。
ジルテックは比較的脳内に移行しやすく、脳内で抗ヒスタミン作用を発揮します。
これが眠気やめまいを引き起こします。
また、脳内で抗ヒスタミン作用を発揮することで、けいれんを誘発しやすくなります。
このため、てんかんや熱性けいれんの既往歴のある方には注意が必要な薬とされています。
小児の場合は脳が未発達でけいれんが誘発されやすいので特に注意が必要です。

一方、ザイザルについてですが、ザイザルも比較的アレルギーを抑える効果が強い薬といえます。
アレグラと比較するとアレルギーを抑える効果は強いです。
ちなみにジルテックよりも効果が強いことが期待できます。
実はザイザルはジルテックを改良した薬で、ジルテックよりも強い抗ヒスタミン作用が証明されてる薬なのです。

ザイザルの副作用についてですが、ザイザルはジルテックと比較すると、脳内での抗ヒスタミン作用は弱く、眠気やめまいの副作用は出にくいことが動物実験では分かっています。
それでも、眠気やめまいが起こることはあり、添付文書には車の運転等危険な作業には注意すること、と記載されています。
また、ジルテック同様にてんかんや熱性けいれんを起こしたことがある方には注意を要します。

このように、ジルテックやザイザルは効果の面ではアレグラより強い効果が期待できるものの、眠気、めまい、けいれん誘発に注意が必要です。 アレルギー症状をザイザルで治す際にこういった副作用を起こしたくない場合にはアレグラを選択するといいでしょう。