アレグラは花粉症に効果がある薬

個人差があるとは言え、花粉症で目のかゆみやくしゃみ、鼻水などが出るととてもつらくなります。
だから、薬に頼るのですが、たくさん薬が開発されています。
中でも利用者が多いのがアレグラです。
アメリカで抗アレルギー薬として開発されました。
だから、様々な花粉症のアレルギー症状を楽にしてくれます。

複数ある花粉症の薬の中でも比較的効果は弱めですが、眠くなりにくいので幅広い人が服用しています。
アレグラは、ドラッグストアなどでも購入できるようになったので、より多くの人が服用するようになりました。

効果が他の花粉症の薬よりも弱めとは言え、つらい目のかゆみやくしゃみ、鼻水を十分抑えることはできます。
もちろん、効果には個人差がありますから、自分のアレルギー症状に合っているかどうかを考えなくてはなりません。

アレグラは、つらいアレルギー症状を抑える薬なので、花粉症だけではなく、ハウスダストなどにも有効です。
どちらもアレルギーなのでつらいアレルギー症状が出なくなるでしょう。

飲み薬ですが、つらい目のかゆみにも効果が出ます。
目は、目薬のほうが効果的なように思うかもしれませんが、アレルギー症状を改善する薬なので、アレグラを飲んでいれば、花粉が飛散している時でも目が余りかゆくならなくて済むかもしれません。

花粉症で鼻が詰まる人もいます。
アレグラは比較的弱い薬とは言え、鼻水を改善する効果もあるので、鼻がつまってつらい時に服用できます。

花粉症のアレルギー症状はヒスタミンという物質によって引き起こされます。
アレグラは、抗ヒスタミン薬なので、ヒスタミンに直接働きかけることで、目のかゆみやくしゃみ、鼻水、鼻づまりにも効果が期待できます。

以前は、医師の処方箋がないと手に入りませんでした。
医師に診てもらったほうが良いですが、忙しい人や、クリニックが近所にないなどで医師に診てもらえない人は、ドラッグストアなどの市販薬を使ってみると良いでしょう。

アレグラの作用はどれくらい持続するのか

花粉症の目のかゆみはとてもつらく、目をかかずにはいられなくなるほどです。
くしゃみが止まらなくて何度もくしゃみをするのも大変です。
かなりの体力を消耗するので、早く止めなくてはなりません。
このようなアレルギー症状に対して、アレグラの作用の持続時間はどれくらいでしょうか。

1回1錠を1日2回飲めば大丈夫です。
だから、半日くらいはアレルギー症状に作用してくれます。
かなり持続時間が長いので、お昼に飲まなくて良いメリットがあります。
昼間は仕事や学校などで家を空ける人が多いですから、持続時間がこれくらい長いと助かる人は多いでしょう。

多くのアレルギー症状に作用してくれます。
鼻水がずっと出続けてしまうと大変ですが、鼻水にも作用してくれますから、仕事や勉強で集中力を切らさなくて済むでしょう。

しかも、アレグラは副作用がそれほど強く出ないので、眠くなりにくいのです。
持続時間が長くても、眠気が強くなれば、日常生活に支障が出る恐れもありますが、あまりこのような心配をする必要はありません。

できれば、花粉症のアレルギー症状を少しでも感じたら、アレグラを飲み始めてください。
早めに飲み始めたほうがより効果が高くなるからです。
つらいと感じてから飲むよりは、鼻がむずむずしてきたくらいで飲み始めたほうが良いでしょう。

持続時間が長いことで、仕事場や学校へ行くときに持ち歩かなくて済むなど助かっている人は多いです。
アレグラは、3日間くらい飲み続けてから効果が発揮されるので、服用のタイミングには気を付けてください。
正しく服用すれば、1日中、ずっと快適に過ごせるようになります。
アレグラを服用して、自分が花粉症だったことを忘れられるようにしましょう。

アレグラの作用効果の秘密は成分にあった

アレグラの高い効果作用には有効成分のフェキソフェナジンが関係されています。
フェキソフェナジンの作用にはアレルギーの原因物質が体内に侵入してくると体内では免疫反応が起こります。
この時に過剰に反応することでヒスタミンが過剰に放出されて、アレルギー症状が現れます。
フェキソフェナジンはこのヒスタミンを阻害する効果があるので、アレルギー症状を和らげることが可能です。
また、フェキソフェナジンはアレルギー症状の改善だけでなく皮膚疾患や蕁麻疹にも幅広く効果が発揮されます。