アレグラが効かないアレルギー症状の種類

アレグラは薬の作用が人によって個人差があります。
アレグラが効く症状としては、花粉症やアレルギー性の鼻炎、アトピー性の皮膚炎・蕁麻疹などです。
アレグラが効かない場合、花粉症やアレルギーと信じていた症状が、実際は風邪や副鼻腔炎であることが考えられます。
アレグラが効かない時、鼻水に粘りがあったり黄色っぽいなど色が付いている、又は発熱や咳が症状に伴っているような場合、服用を止めて病院を受診してください。
さらに、アレグラは鼻づまりには効かないことも知識として覚えておいて下さい。

アレグラは良く効くといわれる薬ですが、効かない要因としてアレルギー物質のアレルゲンに常に晒されている状態ならば、成分が十分に作用しません。
ですので、花粉症などの場合は家に入る時に、服や持っている荷物を良く払うことが重要です。
花粉を家に持ち込まないことで、アレグラが効かない要因も解消できるかもしれません。
家のなかのホコリやダニが症状の要因であれば、ぞうきんやモップなどで小まめに掃除すること、布団は掃除機でゆっくりとダニを吸い取り数を減らすように心掛けましょう。
もうひとつ症状によっては他の薬を一緒に飲むことも考えられます。
このときアレグラと併用する薬にも注意してください。

アレグラは第2世代の抗ヒスタミン薬で、その特徴は第1世代と比べると眠くなりにくい事です。
薬が身体に効いてくるまで、ある程度の時間が掛かるというわけです。
アレグラは飲み始めてから1週間ほど続けて飲む必要がある薬なのです。
速効性がある薬ではないので、食物アレルギーなどで見られるアナフィラキシーなどの急激な症状には効きません。
アナフィラキシーショックでは時間の経過と共に命に関わる症状です。
幼い子供である場合、個人差にもよりますがほんの少量でアナフィラキシーのような深刻な状態となりえますので、アレルギーの蕁麻疹くらいと軽く見ずに注意深く体調をみる必要があります。

食物アレルギーの経口減感作療法ってなに?

食物アレルギーは本来身体を守る免疫システムが、無害である特定の食品に対して反応してしまう症状です。
個人差がありますが蕁麻疹や湿疹などの皮膚症状や鼻水・咳・目や鼻の痒みや鼻づまり・呼吸困難・喘息・吐き気・腹痛・下痢などが現れます。

アナフィラキシー症状はアレルゲンに接触や摂取することで、短時間の内に身体の全身に複数の臓器(皮膚・粘膜・呼吸器・消化器・循環器)にアレルギー症状が出ることを示しています。
気管支喘息と同じに即時型アレルギーと呼ばれるもので、個人差はあるもののアレルゲンに接触したあと数分から数十分で反応が現れます。

食物アレルギーがある場合、子供であれば成長期の栄養学的にも様々な問題が発生します。
ですので、できるだけ食べられる食品を増やす、経口減感作療法という治療法があります。
食物アレルギーにおける経口減感作療法には、増量期・維持期・確認試験の3段階があります。

経口減感作療法の増量期には医師から指示された量を毎日、自宅で食べます。
その結果、誘発された症状の有無や程度によって、徐々に食べる量を増やして行き目標量を目指します。
アレルギーの重症度によって、経口減感作療法では病院の外来で食べはじめることや入院して食べる場合もあります。
維持期には目標量を続けて食べ続け、一定期間症状が無く経過したところで耐性化(食物アレルギーがない状態)の有無を確認するため、負荷試験が行われます。

経口減感作療法の確認試験では、2週間完全除去した後で病院で負荷試験を実施します。
試験で症状がなければ、一定期間自宅で自由に食べ続けます。
そして日常で食物アレルギーが出なければ、学校や外食などの制限が解除されます。
個人差があるのでアレルギーが出た場合は維持期を再開し、また安定したなら食べる間隔を少し空けます。
どの段階であってもアナフィラキシーショックを含めた症状が誘発される可能性があるので、内服薬や吸入器・エピペンなどを事前に用意しておきます。